補完療法


holistic reiki講座

生涯使える・安心が増す

補完療法資格





「治す」でなく「治る」

「癒やす」でなく「癒える」


病気になった際、あらゆる診察で言われた言葉が「原因不明」、そして様々な療法で言われた言葉が「通わないと悪化する」「~が悪いからこうなった」でした。今から思えば、治療や学びに通うことで、更に不安体感が増し、自然治癒の力が閉じ込められていきました。そのような中、在籍していた心理学の先生によるカウンセリングで、「問題(体)は何1つ変わっていないけれど心身が楽になる」という経験をしました。その体感が衝撃的で、それをきっかけに、心と身体の仕組みについて学び始めました。


あれから20数年。辿り着いたのは、「治る・治らないは無く、在るのは状態に過ぎない」「治療ではなく治癒」「全てが網目のように繋がって連鎖している」「問題は起きていない」など、従来と違う「心と体の捉え方」です。


例えば「風邪≠健康」と捉えるか「風邪=全体の選択」と捉えるか。以前は「風邪にかかる=身体の免疫力の低下」という、風邪=病気=不全の現れという捉え方でした。ところが、風邪の症状がある時、身体は、発熱や鼻水・咳により、身体をデトックスするという「メリット」を得たり、休むことができるなど潜在意識的な「目的」を果たしたりしている可能性があること、又、バランスをとる為に、何かと情報を交換し、調整し、その結果として表に現れるのが「症状」であるという見方を知りました。




ホリスティックの捉え方は

「全体とは部分の総和以上の何か」

何をもって「健康」と言うのか。私が「症状」を越え、全体的視野に移行していく要因になったのが、holistic医療という捉え方です。holistic医療とは、NPO日本ホリスティック医学協会の名誉会長である帯津良一さん(医師)、自然治癒力学校を主催してみえるおのころ心平さん等が広げてみえる、現代西洋医学と、現代西洋医学のシステムや方法論だけでなく、東洋医学やさまざまな相補・代替医療のシステムや療法を、積極的に取り入れて、個々の患者に合わせて統合的な治療とケアをしていこうという医療のこと(山本竜隆 著 『統合医療のすすめ』)。そして、呼吸法の学びの延長で知ったreikiは、アメリカ国立補完統合衛生センターにおいて「補完代替療法」に認定されたものでした。



世界で1000万人

医療保険が適応、師範資格が国家資格になっている国も

日本でも癌緩和センター等で「代替医療」として採用

reikiは、世界で約1000万人の方が使用すると言われる、日本発祥の治癒法。臼井 甕男(うすい みかお、1865年8月15日 - 1926年3月9日、岐阜県山県市美山町生まれ)氏が、自身の怪我の治癒をきっかけに、人に備わる治癒力に気付き、「療法」として系統化。それを、弟子である林忠治郎・高田ハワヨ達も加わりながら、誰にでも活用することができる実用的な療法として、カリキュラム化されたものだと理解しています。「レイ」とは精霊・霊長類・霊峰などの「レイ」であり、宗教や幽霊の霊とは何の関わりもありません。(臼井甕男先生生誕地記念碑除幕式[平成30年10月] 山県市ホームページ「市長の部屋」

reikiは、医療行為ではないものの、日本以上に海外において(イギリスで医療保険が効いたり、インドで師範資格が国家試験となっているなど)「代替医療」として位置づけられており、日本でも、癌治療やホスピスで採用され(*参考資料)、西洋医学と融合されつつあることを感じています。又、埼玉医科大学 杉山智江助教授の研究「補完代替医療におけるエネルギー療法「レイキ」のがん患者への活用モデルの構築」、ハーバード大学ナタリー・トレント博士による「プラシーボではない実証」をはじめ、reikiのエビデンスを今後更に学びたいです。


【*参考資料】

補完代替療法ガイドブック(リンク)

制作:厚生労働省がん研究助成金(課題番号:17-14)

「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究」班

独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費(課題番号:21分指-8-④)

「がんの代替医療の科学的検証に関する研究」班

    




より実用的な学びに

根拠、理論を丁寧に扱います

1段階毎に2日かけます

個別or2名定員

理論CD(first)をお渡しします

臼井式reiki認定

登録費、更新制度無し




受講後感想より

◎本当に受けて良かった。

◎身体の捉え方が変わった。

◎分かりやすく、納得できた。

◎体温が上がるのか、受講中、体が痒くなるのが不思議。

◎涙が流れるのが不思議だった。

◎他スクールでfirstを取得し、途中からの受講。これから使いたいと思えた。

◎家族に活用している。

◎色々な場面で試していきたい。



講座詳細

2020年~

定員:個別 or 2人(料金一律)

first資格  20000円×2日

second資格 20000円×2日

third資格  20000円×2日

全て、認定、認定証、テキスト、CD(fastのみ)、ミネラルウォーター、会場費、税込

teacher資格 お問い合わせ下さい

*日にちは申し込みを受け決定、時間は全日10~13時。(2人受講は30分程度延長)

*2018年までにsecond・thirdを受けた方は、再受講無料を活用して下さい。

*他で学んだ方もご相談下さい。

*〈臼井式西洋reiki共通〉third資格は仕事として活用可、teacher資格は資格養成可。

    


研修(練習)会

本講座受講者2000円(それ以外3000円)

*リクエスト受け2名以上で開催


レイキに関する記事
「米軍 東洋医学を活用」

2010年7月4日 東京新聞

画像:https://reiki.bz/reiki/world.htmlより

申し込み

下記の、問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

*募集日以外を希望される場合、下記の内容を添えて下さい。

①受講の形

 A:個別希望   B:2人受講希望  C:どちらでも

②受講日の決め方

 A:最初に2日分決めたい  B :1回目終了後2回目検討  C:どちらでも

③希望日、可能日(多いと決まりやすいです)


問い合わせ先