生涯活用できる

holistic×reiki養成講座



「治す」でなく「治る」

「流す」でなく「流れる」

「変える」でなく「変わる」

「癒やす」でなく「癒える」

病気になった際、あらゆる診察で言われた言葉が「原因不明」、そして様々な療法で言われた言葉が「通わないと悪化する」「ここに通わないと治らない」「~が悪いからこうなった」でした。今から思えば、それらの言葉を浴びながら治療や学びに通うことで、更に不安感が増していきました。そんな中、在籍していた大学の先生に声を掛けて頂いたカウンセリングで、「解決しない(体の状態は何1つ変わっていない)けれど何か楽になった」という経験をしました。その体感が衝撃的で、以来、心と身体について学んできました。


あれから20数年。辿り着いたのは、「治る・治らないは無く、在るのは状態」「緩めば繋がる」「治療ではなく治癒」「連動しており、何1つ切り離すことはできない」「問題は起きていない」など、従来と違う「心と体の捉え方」です。


例えば「風邪=不健康」と捉えるか「風邪=全体の意図」と捉えるか。以前は「風邪にかかる=身体の免疫力が低下している」「風邪=病気の状態」という病気=不全の現れという捉え方でした。ところが、風邪の症状がある時、身体は、発熱や鼻水や咳により、身体をデトックスするという「メリット」を得たり、例えば休むことができるなど潜在意識的な何らかの「目的(願望)」を果たしたりする可能性があること、又、バランスをとる為に心や体(臓器)やそれ以外の何かは、情報を交換し、調整し合い、その結果として表に現れるのが「症状」であるという見方を知りました。



ホリスティックの捉え方

「全体とは部分の総和以上の何かである」

何をもって「健康」と言うのかが、臓器を越え・体を越え・心を越えたもっと大きな全体的視野に移行していく要因になったのが、holistic医療という捉え方です。holistic医療とは、NPO日本ホリスティック医学協会の名誉会長である帯津良一さん(医師)、自然治癒力学校を主催してみえるおのころ心平さん等が広げてみえる、全てを繋がっている・連動している・交渉していると見て、自然科学・心理学・脳科学・西洋医学・東洋医学・漢方・新薬・呼吸法・気功・代替療法・民間療法・健康法等必要なものを組み合わせ、できることとできないことを模索し、命自らの営みに委ねていく心や身体へのアプローチだと理解しています。そして、reikiは、例えばアメリカ国立補完統合衛生センターにおいて「補完代替医療」に認定されるなど、holistic医療の1つとして認められてきた治癒法です。



世界で1000万人

医療保険が適応、国家資格の国も

日本でも癌緩和センター等で「代替医療」として採用

「reiki」は、世界で500~1000万人の方が使用すると言われる、日本発祥のhealing法だと知りました。「レイ」とは精霊・霊長類・霊峰などの「レイ」であり、宗教や幽霊の霊とは何の関わりもありません。

私は、reikiという「言葉」に対し懐疑的でしたが、呼吸法の延長のように学び始めると、この「reiki」という方法は、イギリスで医療保険が効いたり、インドで師範資格が国家試験となっていたり、ハーバード大、エール大、ニューヨーク大をはじめとする医学生の授業で扱われていたりするなど、海外で「代替医療」として認められていることや、日本でも(私が住んでいる県でも)希望者が受けられる体勢がある病院・癌の緩和センターがあるなど、西洋医学と融合されつつものであることを知りました。又、「reiki」は、「気功」など「人が意図的に作り出した気」を扱う内気法ではなく、「既に存在している気」を流す外気法であり、使う側、使われる側に負担や副作用がなく、むしろそのプロセスが双方の心身に良い作用をもたらすということを学びました。(埼玉医科大学 杉山智江助教授の研究「補完代替医療におけるエネルギー療法「レイキ」のがん患者への活用モデルの構築」等、西洋医学的な検証が開示されてきています)


分かりやすさ

用途の広さ

reikiとは、臼井 甕男(うすい みかお、1865年8月15日 - 1926年3月9日、岐阜県山県市美山町生まれ)氏が、自身の怪我の治癒から人に備わる治癒力に気付き、「療法」として系統化。それを、弟子である林忠治郎・高田ハワヨ達も加わりながら、実践すれば誰にでも活用することができる実用的な療法として、カリキュラム化の実現が成し遂げられたものだと理解しています。


学びの段階は、first、second、third、teacherの4段階。世界には、様々な療法・健康法がありますが、reikiは理論がシンプルであるにも関わらず、自分/他者/場(空間)にと用途が広く、活用しやすいツールだと感じています。



資格≠lifeから

資格=lifeへ

人は、得たことをアウトプットすることが、自分に浸透する最も有効な方法であると言われています。よって、学んだらすぐに、自分に・家族に・家にと活用していくことを前提に、個人~2名の極少人数で、丁寧な理論と、自信をもって使っていくことができる技法を習得します。   


         




講座の特徴



確実性

個別or2名ずつ




定着性

メール相談

理論CD(first)

研修・練習会<希望性>




多面的な理論

臼井式reiki

呼吸法

心理学、脳科学、量子力学




基本に忠実

個別に10回、氣の回路を開く

21日間の実践期間





資格養成

認定書

他セラピーやカウンセリングとの併用可

登録費用なし






このような人に

◎自己治癒力に興味がある

◎reikiに興味がある

◎他でreikiを学んだが活用していない

(例えば、他で途中まで学んだ方や、学んだけれど活用していない方、ご相談下さい)

◎家族の心身を緩めたい

◎治療やセミナーを渡り歩いている

◎体の学びが好き

◎呼吸法やヨガなどの習慣をさらに深めたい

◎資格を取得し、自分の仕事や生活に生かしたい




講座内容

first degree 15000円×2日【認定証、CD、ミネラルウォーター、会場費、税込】

second degree 18000円×2日【認定証、ミネラルウォーター、会場費、税込】

third degree 18000円×2日【master認定証、ミネラルウォーター、会場費、税込】

teacher お問い合わせ下さい

*時間は全て10時~13時(二人受講の時は、30分程度延長)

*2018年までにsecond・thirdを受けた方は、再受講無料を活用できます。新規の方の講座に加わる形限定。

    


フォロー

 holistic研修会(練習・交流) 

 本講座受講者2000円

(それ以外or体験3000円)

*リクエスト開催



申し込み

問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

*募集日以外を希望される場合、下記の内容を添えて下さい。

①受講の形

 A:個別希望   B:2人受講希望  C:どちらでも

②受講日の決め方

 A:最初に2日分決めたい    B :1回目終了後2日目を検討  C:どちらでも

③希望候補日(多いと決まりやすいです)